奥田研

 奥田敦研究会は、慶應義塾大学総合政策学部奥田敦教授が担当する研究会の総称。学部に2つ、大学院に1つの研究会がある。いずれも、「教えとしてのイスラーム」というイスラームの真実のレベルを鑑として、「現実のレベルのイスラーム」や「言説のレベルのイスラーム」を批判的に検証する、基礎研究・地域研究・応用研究・アラブ・イスラーム圏文化社会研究を進めている。

 学部には、ASP(アラブ人学生歓迎プログラム)やアラブ・イスラーム世界訪問プログラムなどの交流活動や、情報誌『ハヤート』の刊行などのメディア制作などを中心とする「デジタル・アラビック・ワールド(DAW)」プロジェクトと、卒業制作に向けた個人研究の場となっている「イスラーム世界を読む(QAI)」プロジェクトがある。

 大学院には、修士課程及び博士課程の学生が学ぶ「イスラームとグローバルガバナンス研究プロジェクト」があり、多くの留学生も交え、イスラームあるいはイスラーム圏に関係した幅広い研究が行われている。イスラームを方法論とし、イスラーム学自体の刷新を視野に入れた多くの研究成果が学位論文として発表されている。

 さらに、そうした研究成果を世界に発信し、あるいはさらに産官学連携などによりさらに発展させるための受け皿として慶應義塾大学SFC研究の中にイスラーム研究・ラボが設置され、日本イスラーム学術会議の運営も行っている。


関連記事

SFCのHPで、研究室について紹介していただいています。