概念構築(GR)

概念構築(GR) 春学期開講 研究支援科目-概念科目

科目概要
冷戦終了後の国際関係は、急速なグローバリゼーションに特徴づけられるが、その一方で、その弊害も顕在化している。グローバリゼーションを支援・促進するものとしてではなく、むしろグローバリゼーションを制御し、相対化するための概念枠組みとしてのグローバル・ガバナンスへの着目が求められる。この講義では、全地球規模の国際関係(とりあえず、こう呼んでおくが)を考えるときに欠かすことのできない諸側面、すなわち安全保障、金融市場、貿易・経済、国家・制度・政策、環境・エネルギー、IT、地域研究・ナショナリズム、メディア・ジャーナリズム、歴史、文化・社会・宗教などの中からいくつかのトピックについて重点的に、グローバルなアクター間の関係性の実際とグローバル・ガバナンス的なるものの構築の可能性について考察したい。なお、講義は政策・メディア研究科GRプログラムの教員たちのオムニバス形式をとる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です