慶應義塾大学SFC奥田敦研究会

Prof. Atsushi OKUDA's Laboratory for Arabic Islamic Studies

HOME >  プロジェクト >  アラビヤ語学習 >  辞書

カームースプロジェクト

アラビヤ語の学習は一般に容易ではないと言われています。そのひとつの原因が語形の複雑な変化です。そういったアラビヤ語学習環境をSFCらしいツールで解決しようとするのが、奥田研カームースプロジェクトです。このプロジェクトには以下の四つのコンテンツがあります。

  1. 1. アラビヤ語辞書データベース
  2. 2. 例文検索システム「アル=アイン」
  3. 3. 形態素解析プログラム
  4. 4. 食品調査データベース

アラビヤ語辞書データベース

アラビヤ語辞書データベースのアラビヤ語スキル例文検索をご紹介します。
毎年、アラビヤ語現地研修では単語とその例文を一定数集めてくることが課題とされます。そこで集められた単語と例文を、アラビヤ語スキルの授業で学生が入力しデータベースとして蓄積されています。

<実際の画面>

例文検索システム『アル=アイン』

上記のようなデータベースを検索するシステムが『アル=アイン』です。現在は約800の動詞と2000の例文検索が可能となっています。調べている単語以外の単語も目に入るように工夫されています。

<実際の画面>

形態素解析プログラム

辞書の引けない初学者のために開発されているプログラムです。現在β版まで開発が進んでいます。

食品調査データベース

ハラール食品(イスラーム教徒の方が口にすることのできる食品)を調査している他のプロジェクトと連携し、その情報をデータベース化するプロジェクトです。これは日本で暮らすイスラーム教徒やビジネスの場における有益なツールになると考えています。